読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと草る日記

つれづれと草りたいときに草る日記です。

学歴とかいう下らないプライドと偏見とにまみれた豚野郎にだけはなりたくないなと思っていたら実は自分自身が既にかなり豚野郎だった話

ラ・ロシェフーコー
「慎ましさとは、妬みや軽蔑の的になることへの恐れである。(…)栄達を極めた人々の慎ましさは、その栄位をものともしないほど偉い人間に自分を見せようとする欲望なのである。」(『ラ・ロシェフーコー箴言集』箴言集18より途中一部省略)

 

私は学歴という狭い世界の狭い基準に関してはちっぽけだが栄位を持っている。
そしてそれでいながら「そんなものは全然大したものじゃないから」と冷笑しながら弱々しげに主張し(書いてみるとめっちゃ嫌な奴だな、ちょっと気をつけよう)、ロシェフーコーが言うように常日頃慎ましい態度を崩さない。

 

それはそうすることでなお一層人徳のある人間だと周りに思われようとしているわけではない。
なお一層人徳のある人間だと自分自身が思い込もうとしているのである。
逆に言うと自分自身が下劣な人間であるということを認めたくないのだ。

 

正直大学や学部を聞かれることが苦手だ。

それは京都大学法学部だと答えたときに相手が純粋な尊敬の目を向けてきたり、ひねくれた賞賛をしてきたり、急に敬語になってきたりするのが、気分が悪いからではない。それを気分がいいと思ってしまう自分がいることが気分が悪いからである。
そういったエリート志向の強い虚栄心にまみれた人間にだけはなりたくないと常日頃思っているのに、実は私自身偏見とプライドで肥えた豚野郎なのではないかと疑ってしまうからだ。いや、正確に言うと疑ってしまうからではなくて、気づかされてしまうからだ。
自分が嫌悪するタイプの精神性を自分も有していることを突きつけられたときにどうしようもない不快感を覚える。自分を嫌いになりそうになるからではない。自分を嫌いになる人間にだけは常日頃なりたくないなと思っているのに、実は自分自身が自分を嫌いになりそうな状況に瀕していることに気づかされるからである。
そう、自分が陥らないようにしている人間の弱い部分を実は既に自分の性格の一部として有していたことを知らされるのだ。そのことに耐え難いもどかしさを感じる。それは自分が弱い人間であるということ自体を受け入れられなかったからというよりは、むしろ…
うん?なんかずっと同じこと言ってないか…
自分でも何言ってるか分からなくなってきたぞ。

 

とにかく偏見とプライドにまみれた豚野郎にだけはなりたくないと思う悲しみの豚野郎、それが私。