読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと草る日記

つれづれと草りたいときに草る日記です。

働くことでどうすれば幸せになれるか

社畜と自分のことを卑下する人たちがいる。

彼らは本当は働くことをそんなに悪く思って居ないのかもしれないし、本当に死ぬほど辛く思っているのかもしれないし、どちらが真実により近いのかは私にはわからない。
でも彼らは企業に勤めて、その代わりに給料をもらって生きる道を選んでいる。
もし彼らが奴隷のような苦しみを味わっているとしたら、それは何故なのだろうか。どうすれば働くことで幸せになれるだろうか。

 

 

 

 

古来働くことを人は選択してきた。およそ働かずに生きてこられたのは奴隷制度の上に生活を為した人か恵まれた放蕩息子の類いだけだったろう。
いや、働くことを選択してきたというよりも生きるということが働くということそのものだったと言っても良いかもしれない。自然を生きる動植物を見てみれば、およそ限りある命のうちのほとんど全ての時間を糧を得るために費やしている。もしかすると生物の生態について私が知らないだけで、実はイルカのように作曲をしたりまた他の生き物も家族とともに憩いの時を過ごしたりして生を満喫しているのかもしれない。しかし少なくとも日々の糧を得るために時間を割くことをしない生き物を私は知らない。ヒトという種族も物心ついたときから狩猟、稲作、その他の産業をなしてきた。人を含め生き物とは生きるために働くように作られているのだ。働くということが日々の糧を得ることを言うなら、それはあくまで生物学的には生きることそれ自体だったはずである。そして働くことは生きることそれ自体にとって本質的な行為なのだということが真実ならば、働くことを苦痛に感じるというのは決して見過ごしてはいけない社会の病気である。

 

 

 

 

社畜と呼ばれる人たちに次の質問をしてみる。

もし週5日働いて月一で給料日がくるか、週5日ごとに給料日が来て月一で出勤するかどちらかを選べることになったら、それでも今のライフスタイルを選択するだろうか。
一月でもらえる給料の総額はどちらの場合も同じとする。

どちらを選ぶだろう?

 

社畜は間違いなく後者のライフスタイルを選ぶだろう。
つまりもし可能ならできるだけ働く時間は少ない方がいいと思っている。それは働くということが彼らにとって至上の目的ではなく、他にもっとやりがいや生きがいを感じることを持っていることを意味する。例えば家族とともに時間を過ごしたいだとか、ボランティア活動をしたいだとか、大学に入り直してもう一度数学を勉強し直したいだとか、中身は人によって様々だろう。いずれにせよ共通していることは働くこと自体及び働いて得られる給与自体は彼らを最も幸せにするものではないということだ。

 

 

 

 

本来は仕事にはサービスを受け取る人々を幸せにするだけでなく、その笑顔がサービスを供給する人を喜ばせるという喜びがある。そのときわれわれは仕事を通して自己実現欲求と承認欲求を満たし社会への帰属感を強める。単にお金を稼ぐことで得られるのとは次元を異にする報酬が仕事にはある。働くことで幸せになれる可能性がここにあるだろう。

はたしてお金で量れない報酬が勤め人にきちんと与えられているか。自己を社畜と卑下し「できれば働きたくない」と主張する勤め人たちには与えられていないのだろう。例えばブラック企業かどうかは関係がなくホワイト企業でもグレー企業でも同じようなことがあるかもしれないが、誰かが欠けるだけで回らなくなる職場は組織として問題があると言われるという。組織としては健全な判断なのかもしれないが、人間一人から見た場合どうだろう。自分がいてもいなくても同じようにその企業の製品やサービスを受け取る人の笑顔は変わらないのだとしたら、その人はお金以外の報酬を実感できるだろうか。働くという活動の報酬が単なる給金以上に他者や社会との関わりの中で役割を果たす喜びに根ざしているのだとしたら、働く人間が代替可能となった職場にはもう働くことの喜びはないだろう。つまり何が言いたいかというと、働くことを苦痛に感じる本因は、仕事において人間が交換可能なものとして扱われる仕組みにあるのではないかということだ。

 

 

 

 

人間に代替性を付与する仕組みは全体的効率性を達成する一方で人間の尊厳を損なわせる。
働くことでどうすれば幸せになれるかに答えよう。原因がこの仕組みであることが真実だとするならば、答えはその仕組みを抜け出すか破壊する以外に求めようがない。
この仕組みに当てはまらない企業は確かに存在する。少数の技術者集団で形成される企業がそうだ。昨今やたら若人が独立したり起業したりしているのは多分多くの二十代が私と同じようなことを考えているのだろうと思う。若者は政治的に声を上げないと言われることがあるが、時間が経てば若者がおじさんおばさんになる。同じようなことを考えている人が結構多いならちゃんと世の中は変わるだろうと楽観視している。